--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/12.Mon

あの日から…

あの大震災から1年が経ちました。
3月11日。
昨日は久しぶりに雪が降りました。
「そういえば、あの日も雪だったな…」と、ぼんやりと思いました。


…もう、1年。
つい最近のことのようにも思えるあの大災害…だけど、どこか別の世界の出来事のようで、ちょっとずつ記憶の中から薄れていってる気がします。
決して忘れられない、忘れてはいけないことなのに、いつか忘れていく自分がいると思うと、あの時のように言いようのない罪悪感にかられます。


体験したことのない長い横揺れ、電気のない生活…翌日には電気は復旧したものの、テレビで見る隣県の映像に我が目を疑いました。


「…映画じゃないよね?」

思わず呟いた一言。


“どうせ大したことない”

日本は地震の多い国だ。
大体震度4くらいだったし、きっと大丈夫だろう。
そう思っていた。


学生の頃、仙台に住んでいたことがあります。
仲のいい友人が住んでいたので、地元に戻って来てからも年に1回は遊びに行ってました。
そんな友人も仙台市内で仕事中に被災しました。
怪我はなかったようだけど、電話もメールもしばらくつながらず、本当に心配でした。
電話がつながり、声を聞いた途端、涙があふれました。よかった、無事でよかった…と。

福島に実家がある友人もいます。
原発事故のために避難を余儀なくされ、そのストレスで参っている、と聞きました。
彼女自身は東京在住で、帰宅困難になっていました。

『自分は山の反対側で普通の生活をしている…何も力になれなくてごめん』
そんな自分勝手な罪悪感を口にしたら、
「謝られても仕方ない。謝るくらいなら、募金なり普段通りに経済活動をして少しでも早く復興できるように生活して」
というようなメールが届きました。
本当は、誰よりも家族のことが心配で、すぐにでも駆けつけたかっただろうに、それができなくて辛いのは彼女なのに…。彼女の強さを思い知り、自分の弱さを恥ずかしいと思いました。


去年の今頃は、ブログを始めようかどうしようか迷い、いろいろと準備をしていた時期でもありました。

「こんな大変なことが起きて、普通の生活もままならない人たちがいるのに、自分だけ楽しいことをしてていいのだろうか?」

しばらく悶々としていましたが、自分の発信する言葉で誰かが笑顔になれたら…。一度きりの人生だし、やりたいことを思いっきりやってみたい!
そんな思いが強くなり、複雑な思いを抱えつつも『週末草くらぶ』は始まりました。

…ちょっとでも皆様の笑顔の素になれてるでしょうか?


このブログを始めたことで、全国各地にお友達もできました。
同じ東北人のブロガーさんともお友達になれました。
とても温かいつながりができて、心から幸せだと思っています。

『普通に生きてることが、一番幸せ』

そんなことを思った昨年。これからも、きっと。


どうか、一日も早くみんなが心から笑えますように…。



ちょっと暗~い話になりましたが、震災から1年というこの時に、あの時吐き出せなかった思いを書き留めておきます。ずっとこれからも忘れないように…。
スポンサーサイト
日々のことアレコレ | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
おはよ。
私も罪悪感にかなり悩んだ1人です(汗)
岩手県でも内陸で被害はいっぱいあったけど
沿岸との差に悩む毎日でした。
でも、ようこのじょうチャンのお友達と同じ事を思ったの。
立ち止まって何もしないでいると
何も始まらないって。
なんてカッコイイ事書いてみたけど
こないだの震災報道を見て
フラッシュバック的な感じになってしまってマス・・・
心が体についてこないのよー・・・。
やっぱり何事も『時間』が必要なのかも。
それと、おもいっきりもね^^

岩手県は秋田県に助けられたよー☆
物資がほとんど秋田県産だったんだもーん!!
ありがとう。
No title
ようこのじょうさんの気持ち判るよ~

すぐには出来る事が浮かばないし、
落ち着いてから自分に出来る範囲で出来る事を
すればいいのかもね。

早く、みんなが普通の生活に戻れればいいね。
>チピロ*さん
そちらは被災県ですものね…きっと、私が思う以上に苦しい思いをされたんじゃないかなぁ…と思いましたv-390
それでも、ちゃんと前を向いて歩いていこうと生きているチピロ*さんも、とても強い人だなぁと思います。
私は、被害の多かった人たちに逆に励まされてばっかりで…情けないやら弱っちいやら…(^^;)

気持ちの整理はなかなかつかないと思います。
大丈夫でしょうか…。

秋田県、何とか役に立ってよかったです。
これからも同じ東北に生きる者として、寄り添っていけたらな…と思います。
私の方こそ、チピロ*さんが元気でいてくれて、ありがとう。です(^^)
>ヨーコさん
ありがとうございます(;;)

こんなに近くにいるのに、何もできていない自分が恥ずかしいと思ってましたが…小さなことでも自分にできることをできる範囲で、ですね。

元通りになることはないかもしれませんが、被災した人たちが一日でも早く普通の生活ができるようになればいいな、と思います。
No title
ヾ(o・_●・)ノこんばんはぁ♪
311 あれから一年なんだよね…
今もTVで観る悲惨な映像が、信じられないでいます…
でも、現実…
私のいる九州は、なんの影響も無く普通に過ごせているけれど、
被災地の方々は本当に大変なご苦労をされていますね…
募金をしたり、復興を願ったり…
そんな事ぐらいしか出来ないけれど、自分に出来る小さなご苦労を これからも続けて行きたいですね。

ようこのじょうちゃんには、たくさんの笑顔と安らぎを頂いていますよ( ´ ▽ ` )ノ

これからもよろしくお願いします。
>rinさん
あっと言う間に1年…でも、被災地からの映像を見ると、最近の出来事のように思えたり…。
本当に、被災された方々には頭が下がる思いです。
あんなに辛いことがあって、今も生活がままならない状態なのに、前を向いて自分たちの力で復興していこうとしている。とても強く、尊いことだな…と思います。
私個人の力なんて本当に小さいものだけど、節電やなるべく東北産のものを買うようにしたりとか、ほんのちょこっとでも復興につながればいいな(・ω・)これからも続けていきたいと思います。

そちらは台風や水害が多いですよね…。
それに比べたら、こちらは本当に災害の少ない土地です。…今年は豪雪被害にあってますが(^^;)
みんな、それぞれ苦労や危険がありますよね。自分のことだけじゃなく、人を思いやる心を育てていきたいです。

私も、rinさんにはいつも元気と癒しをもらってます(^^)
ブロ友の皆さんにも支えられてるんだなぁ~。

こちらこそ、これからもよろしくです(^^*)
No title
おはよ~♪

何て言えばいいのか…言葉を選んでる私。
震災関連のニュースや映像は何度観てもいたたまれないよ。
被災を免れた私らはこうして普通の暮らしをしてる。
片や、被災された方々は未だに大変な暮らしを強いられてる…

同じように朝がきて1日が始まるのにね。

テレビでさ、どーでもいいような話題が出るたび思うんだぁー
もっとマシな話せんかい!ってね。

阪神淡路の時もテレビで
いつもの日常を過ごしてる人達を観て温度差を感じたなー
自然災害は誰のせいでも無いのに
つい、画面にイラッっとしたり白けたりしてたっけ。

きっと経験した者にしか解らない思いなんだよね…

なのに今日も、こうして万人に朝がやってきてる。

さ、お仕事頑張るんだぞ!園芸部長も♪
週末草くらぶさん!これからも色んな事を発信してね(^_-)
>M*sさん
そうなんですよね…自分が普通に生活してるのがとても不思議で、被害が少なかったこちらは周りの人たちも次の日から何事もなかったように暮らしてる…しかも、物資が滞ったら我先にと買い占めに走る…同じ東北人として恥ずかしくないのか?と苛ついていました。
友人やその家族が被災したからなのか、馴染みのある土地が被災したからなのか…未だにすごく複雑な思いを抱えています。

有名人、芸能人が被災地を訪問しました、支援に向かいました…。とてもいいことだと思うのですが、「どうせ今だけでしょ」と思ってしまう冷めた自分もいて…本当の辛さは現地で生活してる人たちにしかわからないのに…勝手ですよね(_ _ )私が発した言葉に傷つく人もいるんだろうな…。

私は、阪神淡路を経験した方たちこそが、今回被災した方たちの心に寄り添えるのではないか?と思っています。
M*sさんたちは、阪神淡路を乗り越えてきたんですよね…。

このブログを続けていられるのも読んでくれる皆さんがいるからですよね(^^)
いろんな人に感謝しつつ、がんばっていこうと思います☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。